経済学部の新入生、ガイダンスで大学生活をスタート!

経済学部の新入生、ガイダンスで大学生活をスタート!
投稿日時: 2017.04.17 (463 ヒット)

4月1日(土)に入学式を終え、2日(月)から6日(木)は新入生ガイダンスです。その一環として経済学部の「学部企画」が行われました。5日(水)は時間割作成。初めて自分の時間割を作成するにあたり、苦戦しています。先輩学生のピアサポーターにアドバイスを受けて何とか完成することができました。6日は「謎解きゲーム」。プロ・ゼミナールごとに謎を解き、クラスの仲間づくりに役立ちました。
さあ、大学生活のスタートです。



 新入生は、8つのクラスに分かれていますが、このクラスのメンバーで、前期は「プロ・ゼミナール」、後期は「ビジネス演習A」が行われます。入学式のあと、クラスのメンバーで集まって、簡単な「顔見せ」はすでに終わっています。




 4月5日に行われた「学部企画1」は、時間割作成です。9:00にD202教室に集合した新入生たちには「かんたん科目選択マニュアル!」が配布され、クラスごとに固まって、担当教員やピアサポーターの意見を聞きながら、それぞれ自分の時間割づくりをしました。終了時刻の10:40が近づくころには、ほとんどの学生がほぼ時間割を完成させるところまでできたようです。
午後に行われた情報ポータルの説明を参考に、先輩学生であるピアサポーターの協力のもと、時間割をweb登録しました。


 4月6日に行われた「学部企画2」は、コラボレーションセンターとの合同企画である「謎解きゲーム」です。同じくD202教室に集合して、用意された様々な「謎」を解いていきました。謎を解くために大学内を探検し、仲間と協力し合うことにより、少しずつゼミ生同士の会話もはずみ、クラスの仲間づくりのきっかけにもなったようです。

4月7日(金)からは本格的に授業開始です。新入生一人ひとりが目的に向かって頑張ってほしいと思います。