インターンシップ

経済学部インターンシップ

   インターンシップインターンシップでは、職場での実務体験を通して、しっかりとした職業観、労働観を育てることを目的に、現実の企業に出向いて就労体験をします。 授業でマナー講座やコミュニケーション・トレーニングなど、就職活動や就労後に求められるスキルを磨いたうえで、就労体験に臨みます。 これまで北洋銀行、札幌市役所、釧路市役所、ポスフール、J R北海道ホテルズ、イトキン、アークス、佐藤水産、NTTドコモ北海道、札幌ビズカフェなどでの実績があります。

 また、このプログラムは、就労体験からヒントを汲み取り経済学の専門学習に反映させる研究型インターンシップという特色を持ち、 インターンシップに参加した学生たちは、各自の実習体験をもとに、企業や経済について調査・研究を行い報告書にまとめています。 その内容は、学内で開催されるインターンシップ研究報告会で受け入れ先企業の担当者様や本学教員等に報告されます。

 2010年度は、下の表に示したテーマで4名の学生が報告会を行いました。受け入れ先企業の「きょうどう経営株式会社」、 「株式会社スタジオメイ外国語サービス」から もご担当者様が出席してくださり、貴重なご意見、ご助言を頂くことができました。

2010年度インターンシップ参加学生 2010年度インターンシップ研究報告会の模様

2010年度インターンシップ研究報告会

テーマ 発表者
国化する家具市場 菊池有紀子(経済学部経済学科3年)
 事務職のOA 化・VDT 化による変化と問題点 小泉詩織(経済学部経済学科3年)
 学生に必要な能力と社会での働き方 池田大祐(経済学部経済学科2年)
 企業・団体における教育環境と学生(新卒者)視点の
考察による改善方法提起
長谷川昭博(経済学部経済学科3年)

 この他、「札幌市総務局職員部自治研修センター」、「札幌中央信用組合」、 「長谷川産業株式会社」、「北雄ラッキー」、「北海道銀行」に受け入れ先と してご協力いただきました。

過去のインターンシップ研究報告会

2008年度インターンシップ研究報告会

テーマ 発表者
携帯電話活用で旅行業界はどう変わるか? 山下雄太郎(経済学部2年)
 企業間の地域協力とベンチャービジネス 金森洋介(経済学部2年)

2005年度インターンシップ研究報告会

テーマ 発表者
銀行のサービス 金 亜希子(経済学部経済学科2年)
澄川地区における、コミュニティ型建設業、街づくりネットワークとは?
〜更なる事業展開に向けて〜
西村 一人(経済学部経済学科2年)
イトキンブランドについて 佐々木 優美(経済学部経済学科2年)
ダイレクトバンキングはどう変わったのか? 伊瀬 省吾(経済学部経済学科2年)
札幌市の子供に対する政策 小栗 雄太(経済学部経済学科2年)
売り場での販売促進の方法 周 暁麗(経済学部経済学科2年)

最終修正:2011年3月4日